【コラム】恥ずかしながら今さら気づいたけど、「YouTuberって本当にすごい!」と思う

新型コロナウイルスの影響により外出自粛をしている間、私(佐藤)はYouTubeチャンネルの運営を細々と行っていた。運営というほどのことではないけど、この2カ月の間で自分なりに動画の投稿やライブ配信をして、今さらながら気づいたことがある。

本当にこんなことを思うのも恥ずかしい話なのだが、YouTuberってすごい! 動画を編集するだけでなく、毎日公開したり、さらにはライブ配信もしてるってちょっと信じられないと思ったのだ。これまでそんな大変なことだとは、想像もしていなかったんだよ。マジで……。

・100回以下はやめたら?

正直なことを話すと、「動画の再生回数が100回もいかないYouTubeチャンネルって、やってる意味あるの? ないでしょ」とずっと思っていた。ずーーーーーっと思っていた。「やめたらいいのに」とさえも思っていたくらいだ。人に見られることを前提にやっているはずなのに、チャンネル登録者数もそう多くなく、再生回数も伸びないのなら意味がないんじゃないのか? と。

私自身、動画を作ったことがない訳ではない。編集部の中澤星児と協力して料理番組風の動画を作ったこともあるし、暇つぶしにショートムービーを作ったこともある。いずれも撮影から演出、音楽まで全部自分で手掛けた。そのささやかな自負があるから「やればできる」くらいに思っていた

もっといえば、動画を上げていればいいだろうくらいの感覚でいたことを正直に打ち明けよう。ライブ配信も同じく、配信していればいいだろうくらいに思っていた。今となっては、その見立ての甘さが本当に恥ずかしい。

・2カ月やってみて……

なぜなら実際にこの2カ月、私のチャンネルの平均再生回数は2桁……。モノによっては、3桁に遠く及びそうにない。

以前の私の考えに従うならば、再生回数100回もいかない私は「やってる意味あるの? ないでしょ」「やめたらいいのに」である。やめるべきか……。

いや待て! 本気で動画を作ったら、もっとマシになるはず。ということで、東京アラートが明けて以降のある日、グッズのレビュー動画を本気で作った。

動画を撮影し、編集の段階でオープニングBGMを作って、初挑戦となるワイプ(ピクチャーインピクチャー)を入れる。さらに映像全般にオリジナルのBGMを入れる予定で昼前から撮影を開始。撮影自体はそれほど大変ではなかったものの、編集に膨大な時間と手間がかかってしまった。

結局、作業が終わったのが19時頃。時間の都合で、映像にBGMをつけることを断念した。そもそもBGMを作るところまでたどり着けなかったのである。自分の発言にテロップを入れるのは初めての挑戦だったのだが、これがむちゃくちゃ手間がかかる。

しかもだ、マイクを使用していなかったので、自分の声がビックリするほど小さい。声を上げようと思うと、周りの音も一緒に音量が上がってしまってうるさくて聞けたものではなかった。

・経験して初めてわかること

やる気を出してもこのザマだ。やりもしないで、人の再生回数を見て「やめたらいいのに」なんて、よく思えたもんだよ。たった1本、ちょっとやる気になって動画を作っただけなのに、私はヒーヒー言ってる。YouTuberと言われる人たちは、それを定期的に続けている。人によっては毎日更新しているなんて、とてもじゃないけど信じられない。

たとえ分業して効率化しているとはいっても、努力と工夫を重ねた結果であって、今に至るより前に何度もくじけたことがあったはずである。それを思うと、自分が本当に恥ずかしくなった。

この歳(46歳)になって自分の考えの甘さに気づかされるとは。胸の奥の方が「ウッ!」と苦しくなりそうだ。でも、おかげで大事なことに気づかされた。歳を重ねても万能になる訳じゃないし、何でも知ることなんてできる訳でもない。経験したことしか知識として得られないんだ。そのことを、身をもって感じることができた。

だからこれに懲りず、地道に動画作りを続けてみたい。人の動画を参考にして、自分なりの創意工夫をして、少しでも人に見てもらえるものを作っていけたらなと思う。50代の見えてきた老眼のオッサンが、自らの未熟さを学ぶ良い機会を得た。それにしても、YouTuberを続けている人たちは本当にすごいんだな。

執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:YouTube


Source: ロケットニュース24

【YouTube】今、プロアスリートのチャンネルがスゴい! テレビで見られないような豪華対談もあり!!

有名人のYouTube界への進出が止まらない。近年、続々と芸能人が自身のチャンネルを開設しているが、プロアスリートにもその波が来ている。しかも、ちょっとした波ではなくビッグウェーブが!

というのも、豪華な対談が次々に実現していて猛烈にアツいのだ。ファンが楽しめるのはもちろん、子どもや現役の人たちにとっても嬉しい内容。オススメのチャンネルをいくつか紹介するので、興味のある方は覗いてみてはいかがだろう。

長友佑都(サッカー)

まずはサッカー日本代表の長友選手から。2020年4月16日に初めて投稿した動画こそ「料理」だったが、そこから内容は充実の一途をたどる。ランキング形式で個人的にスゴいと思う選手を挙げたかと思えば……なんと現役サッカー選手たちが続々登場!

香川真司選手を皮切りに本田圭佑選手、さらに酒井宏樹選手とも対談しているのである。興味深いテーマを設けるだけでなく、世界で勝負するサイドバックの話は永遠に聞いていられるほど面白い。なお、妻・平愛梨さんと息子が登場するトレーニング動画なども公開している。

奥原希望(バドミントン)

東京五輪で金メダルを期待されるバドミントンの奥原希望選手も、最近チャンネルを開設した。最初はトレーニングの様子を公開していたのだが、次に投稿した対談動画ではその相手がケイスケホンダ!

「メンタルを強く保つ秘訣」や「アスリートの育て方」さらには「スランプの対処法」と、トップアスリート同士の話は目からウロコ。テレビでも実現しないような貴重な対談、そして日常生活においてもタメになりそうな話がまさか無料で見られるなんて……!

本田圭佑(サッカー)

ここまで挙げた2人の動画に登場した本田選手も、当然ながら自身のチャンネル(およそ1年前に開設)を持っている。そこまで更新頻度は高くないが “らしさ” があってところどころで “本田節” が炸裂。また、過去には橋下徹さんらと対談した動画も配信している。

桐生祥秀(陸上)

日本人初となる100m9秒台を記録した桐生祥秀選手もチャンネルを持っている1人だ。このところ更新されていないが、桐生選手の目線を体感できるGoPro検証、テニスの西岡良仁選手との対談など見どころがたくさん。また、走りに関する質問コーナーもある。

ダルビッシュ有(野球)

そしてYouTubeといえば、2017年2月にチャンネルを開設したダルビッシュ有選手の存在を忘れてはいけない。野球のみならず、トレーニング、さらに自身の「裏話」など貴重な話が聞ける。

なお、千賀&石川投手(ソフトバンク)との対談動画を配信した際、自身も「テレビじゃなかなかない対談じゃね?」とコメント。現在は「ダルビッシュのゲームチャンネル」というサブチャンネルも運用しており二刀流スタイルだ。

・有意義なお家時間を

その他、メジャーリーガーの前田健太選手、7人制ラグビー代表の藤田慶和選手、サッカーの李忠成選手など多くのプロアスリートが動画配信している。YouTubeを通してプロアスリートを身近に感じられるし、タメになる話も聞ける。まだまだ新型コロナウイルスに油断できない今、お家時間で学べることも多いはずなのでオススメだ。

イラスト・執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

YouTuber「カジサック」ことキンコン梶原さんのチャンネル登録者数が90万人を突破! 再生数が多い動画ベスト3が意外だった

YouTubeチャンネル登録者数100万人を越えなければ引退……! 昨年2018年10月1日、そう宣言してYouTuberデビューを果たしたのが「カジサック」ことキングコングの梶原さんである。

期限である2019年末まで、あと半年と迫った2019年6月18日、そんなカジサックのチャンネル登録者数がどうなっているのかと言うと……

91万6304人(14時04分現在)! なんと90万人を越えていた!! SUGEEEEEEEE! もう100万人へカウントダウン状態である。

言うまでもないことだが、登録者数を増やすことは動画を再生してもらうよりも格段に難しい。しかも数も数だ。その宣言をした当初は無謀だと思った人の方が多かったに違いない。

まだ、目標が達成されたわけではないが、ここまで来るには従来のファンだけではなく、YouTubeで新しいファンを獲得しないと不可能だったはずだ。そんなカジサックが投稿した動画の中で、100万回以上再生されているのが、以下のようなものである。

・伸びている動画

「ココリコ遠藤さんにダウンタウンさんについて語っていただきました」125万回
「極楽とんぼ山本さんに地上波では絶対話せない話をしてもらいました」110万回
「復活・インパルス堤下が独占激白」195万回
「NONSTYLE石田さんと語りました」220万回
「【超激レア】ヒカルさんがカジサック家のママになりました」131万回
「【閲覧注意】オリエンタルラジオ・中田さんとの”あの件”ついに決着!!」168万回
「宮迫さんが大暴れします…」134万回

──などなど、芸能人やYouTuber界隈の有名人と絡むものが多い。こういった部分もお笑い芸人としての芸歴が長いカジサックのチャンネルの特徴と言えそうだが、再生数が多い動画ベスト3を見てみると違った側面が見えてくる

・再生数の多い動画ベスト3

1位「同期の南海キャンディーズ山ちゃんとガチンコトーク」335万回
2位「丸1日ママになってみました」293万回
3位「【大感動】嫁にサプライズ誕生日パーティー!」224万回

──1位こそ南海キャンディーズ山ちゃんと絡んでいるが、2位は子供4人がいるカジサックが1日嫁の代わりに家事などを行う企画。3位は、その嫁にサプライズ誕生日パーティーをするものだ。

この2つが数々の話題の芸能人と絡んだものを再生数で無双しているのが印象的である。動画を見てみると、大家族ものを見ているような温かさのある内容。

他の家族ネタについても、「コンビニ? 嫁? どっちの料理DEショー!」が132万回再生、「子共たちに超高級焼肉を食べさせた時のリアル」127万回再生と、キラーコンテンツとなっていることが分かる

注目度の高い人物と絡むだけでなく、こういったキラーコンテンツを生み出せたことがカジサックチャンネルの人気に繋がったと言えるだろう。

余談だが、「登録者数100万人越えなければ芸能界引退」と聞いた時、私(中澤)が思い出したのは、ポケットビスケッツだ。かつて日本テレビで放送されていたバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で結成されたユニットのポケビ。

「100万人署名が集まらなければ新曲は破棄」「チャート20位に届かなかったら解散」などの企画が好評を博し、2018年の『24時間テレビ』で復活した際には大きな話題となった。

周囲を巻き込んでいく企画に、視聴者も乗っかり大きなうねりと化していた当時のテレビ。テレビにとって良い時代だった。そんな良さを現代っ子たちはカジサックチャンネルに感じているのではないか? 100万人まであと少し。見たことがないあなたは、1度覗いてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

ヒカキンさんが選ぶ「山崎製パン菓子パンランキング」1位に輝いたカレーパンを食べてみたら、結構びっくりした!

私(佐藤)が小学生だった頃、キッズに絶大なる人気を誇ったのが、16連射でおなじみの「高橋名人」である。振り返ると、現代におけるプロゲーマーのはしりだった。大人たちは名人のすごさを理解していなかったと記憶している。

もしかしたら現今の高橋名人に相当する存在は、YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんもかもしれない。彼はあいかわらず子どもたちの間で不動の人気を誇っている。

そんなヒカキンさんが山崎製パンの定番商品をランキングしたそうだ。栄えある1位はカレーパンだ。彼が「超ウマ」と評するその味は? 久々に食べてみたら、意外な発見が!

・15種の商品から

山崎製パンのホームぺージを見ると、ヒカキンさんは同社の定番15商品のなかからトップ5を選んだとのこと。そのラインナップは以下の通りである。

コッペパン(ジャム & マーガリン)・高級つぶあん・アップルパイ・カレーパン・スイートブール・まるごとソーセージ・ホワイトデニッシュショコラ・ミニスナックゴールド・ケーキドーナツ・ナイススティック・薄皮つぶあんぱん・チョコチップスナック・イチゴスペシャル・北海道チーズ蒸しケーキ・ミルクチョコクリームコロネ(山崎製パンホームページより)

うわ~、このなかから5つを選ぶって難しい。ある意味、このラインナップは山崎製パンのベスト盤みたいなものだ。はっきり言って、どれが1~5位のなかに入ってもおかしくない。どれを選んでも正解だから困る。ヒカキンさんも相当悩んだに違いない。さて、彼が実際に選んだ5つが店頭に並んでいるのを発見したので、5位から順番に見て行こう。

第5位 アップルパイ

「5位」というランク付けは非常に難しかったと思う。上位5本の指には入っているけど、そのなかでは最下位である。「中の上」くらいの位置づけにアップルパイを持ってくるとは、ヒカキンさんもなかなか渋い。あえてドラクエの4人パーティで例えるなら、レギュラーの4人からは外れるけど、控えではいて欲しい、踊り子的な存在と言ったところか。3カ月に1度くらい食べたい味だ。

第4位 まるごとソーセージ

このランキングは「ヤマザキ人気菓子パンTOP5」ということになっている。これとカレーパンを菓子パンのくくりに入れてしまうのは、どうなのか? という疑問があるなかで、ヒカキンさんは4位にコレを選んだ。これまたロングセラーの人気商品。私は学生時代に良く食べていたことを思い出す。同級生の間では「オラパンソーセージ」というナゾの呼び名がついていた。懐かしいな~、2カ月に1度は食べたい味。

第3位 ホワイトデニッシュショコラ

くぅ~! ヒカキンさん、心憎い。ホワイトデニッシュショコラを3位にもってくるとは、わかってらっしゃる! 私は当編集部に入る直前の10年前、猛烈に貧乏だった。その頃に甘いモノを食べたくなると良くこれを食べていた。体重53キロ、今よりも10キロも軽かった頃に、食べるのはぜい沢だった。もしかしたら、ヒカキンさんも無名時代にこの商品に癒されていたのかも。1カ月に1度は食いたい味。

第2位 コッペパン(ジャム & マーガリン)

最近はコッペパン専門店をアチコチに見かけるが、それよりもはるか前から販売していた商品だ。コッペパンの低迷期を陰で支え、今の流行をけん引した商品といっても過言ではないだろう。この商品、そのまま食べても美味しいが、オーブントースターで軽く焼くと、さらにウマくなるのはあまり語られることのない事実である。2週に1度は食べたい味。

1位 カレーパン

先ほども申し上げたが菓子パンランキングである。個人的にカレーパンとまるごとソーセージがノミネートされているのは疑問符がつくのだが、そこを無視せずに、あえて向き合い1位にカレーパンを持って来るヒカキンさんの度量ははかりしれない。

しかしながら、私はこのランキングを見た後に、実際にカレーパンを食べてわかった。うまい! 以前よりもずっとうまくなっている!! きっとヒカキンさんはそこを見抜いたのだ。毎週食べたい味。

・食べてびっくり

と言うわけで早速食べることに。

袋には、いつの間にやら「発酵種ルヴァン使用」と書かれている。どうやらパンの種が気付かない間に変わったようだ。

袋から出してみると、以前に比べて色合いが薄くなっているように見える。前はもっとこんがりとしていたはずなのだが、現在はほんのりとしたキツネ色。そして前よりも油でギトギトした感じがない。

半割りにすると、中にはカレーがぎっしりと入っている。具の量は以前と変わらないように見える。

食べてみると……。

口当たりは非常に柔らかくなっている。表面の衣はサクサクなのに、なかのパンはふんわり。先にも述べたように、油っぽさは一切なく、カレーの味を存分に堪能できる。正直なところ、以前のカレーパンはもっとジャンキーな感じがしていた。もう少しワイルドな味わいだったのだが、今のカレーパンは繊細で上品な気さえする。

なるほど。菓子パンランキングでありながら、ヒカキンさんが1位にした理由が何となくわかった気がする。久しく、ヤマザキのカレーパンを食べていないという人は、一度、ご賞味あれ!

参照元:山崎製パン
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24