【悲報】ローソン銀行ATMが「ドラクエ仕様」になっていると話題 → ウキウキしながら行ってみたら心が “無” になった

思えば私(あひるねこ)が初めてお世話になった銀行は、ドラゴンクエストに出てくる「愛と信頼のゴールド銀行」だった。ゲームの中の出来事とは言え、自分の所持金を自分の意思でコントロールしたのは おそらくあれが初めてだろう。

そんな思い出深い「愛と信頼のゴールド銀行」が、ついに現実の世界に姿を現したというのだから胸が熱くなる。2020年2月17日から3月8日までの間、なんと全国のローソン銀行ATMが「ドラクエ仕様」になっているらしいのだ。マジかよ! めっちゃ楽しそうやんそれ!! と思いきや……。

・ローソン銀行とコラボ

ローソンに駆け付けた私は真っ先にATMへ向かった。ドラクエ仕様っていうくらいだから、口座残高の単位が「円」から「ゴールド」に変わってたりして? さすがにそれはないかな。画面にはドット絵風のスライムが表示されており、さらにこんな文面まで。

「愛と信頼のゴールド銀行へ ようこそ。
皆様の 大切な お金を
魔物などから お守りいたします。」

これから始まるであろう、めくるめくドラクエ演出への期待に思わず胸が高鳴る。さっそく「取引開始」ボタンを押した……次の瞬間!

テレレレッテッテッテー!!

ドラクエお馴染みのレベルアップの効果音が流れたではないか! やっぱこれだよなぁ。さあ、次は何が来るんだ? ところが……。

まさかのここでドラクエ終了である。

・終了

……え、終わり? 画面はすでにいつものATM画面に切り替わっている。そう、このコラボATM、ドラクエ仕様になっているのは最初の効果音だけで、それ以外はほぼ通常営業だったのだ。マ、マジかよ……。びっくりして一旦「取り消し」ボタンを押すも、画面に表示されたのは無慈悲なことに……

Ponta(ポンタ)。

もはやスライムすら出てこねぇ……。ていうかこのタヌキ、なに「自分も人気キャラです」みたいな空気出してんだよ。どういう表情なんだよそれ。こっち見んな。

・無へ

一応、レベルアップの音だけでも録音しておこうかなと思ったが……まあ、別にいいか。手数料を取られたワケでも何でもないのに、私の心はいかんともしがたい虚無に包まれていた。そんな呪文、ドラクエにあったっけ?

過剰に期待しすぎてガッカリし、一人で無と化している私を見下ろすポイントの化身・ポンタ。心なしかその顔には、どこか喜びの感情が見え隠れしている。もしかするとこのタヌキ、ゲマとかそういう類の外道なのかもしれない……。

– 完 –

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【切実】「新型コロナウィルス」について政府に1つだけ情報を開示して欲しい

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。オリンピックイヤーで盛り上がるハズだった2020年も、フタを開けてみれば「新型コロナウィルス」の話題一色ですね。うがいや手洗い、マスク……などなど、できる限りの自衛を心がけましょう。

さて、その「新型コロナウィルス」について、私からどうしても日本政府にお願いしたいことが1つだけあります。もちろん今でも必死に頑張ってくれているのでしょうが、どうか優先的に「新型コロナウィルスの子供に関連する情報」を開示してもらえないでしょうか?

・多くの情報があるけれど

新型コロナウィルスの詳細な情報については、みなさんご自身でお調べになっていることでしょう。中国の武漢で発生したらしいこと、中国では毎日のように感染者と死者が増え続けていること、そしてクルーズ船にも新型コロナウィルスが蔓延していること。

ネットやテレビで発信される新型コロナウィルスの情報は膨大で、「過剰な心配は無用」という意見もあれば「細心の注意を払うべき」という声も目にします。また、どうやら「高齢者や糖尿病などの基礎疾患を持っている人は特に危険」だということも何となくわかりました。

・子供に関する情報が極端に少ない

2020年2月17日の毎日新聞によれば、加藤勝信厚生労働大臣が記者会見で「発熱など風邪症状がみられる時は学校や会社を休んでください。感染拡大の防止につながる」と述べたといいます。……わかりました。それはイイんですが、新型コロナウィルスが子供に与える影響をもう少し掘り下げてもらえないでしょうか?

もちろん、私が見落としているだけの可能性もあるのですが、今回の新型コロナウィルスに関する情報って、子供との関連性があまりにも薄い気がします。中国で何人亡くなったのかは情報として伝わってきますが、そのうちの何人が子供なのかが3歳の娘を持つ私としては気になって仕方がありません。

ぶっちゃけ、自分のことはどうでもいいんです。冒頭でも述べたような自衛は最大限心がけていますし、万が一感染したとしても何とか生き延びるくらいの生命力は持ち合わせているつもりです。さらに言うなら、仮に命を落としたとしてもその時はその時。それが私の運命だったのでしょう。

ただし、我が子についてはそう思えません。絶対に感染させたくないですし、どの程度の症状が現れた場合、新型コロナウィルスの可能性が疑われるのかを、あらかじめ知っておきたいのです。エゴと言われればそれまでなのですが、でもそうなんです。

・心構えをさせて欲しい

それでなくても幼児はしょっちゅう鼻水を垂らしていますし、咳込むことだって珍しくありません。なるべく人混みを避け、電車に乗る際はマスクを付けさせていますが、どこでどうもらってくるかわからない以上「こうなったら怪しいです」的な目安が欲しいのです。

欲を言えば、万が一怪しいステージに突入したら「〇〇病院で〇〇という検査を受けさせてください」くらいの情報が欲しいもの。「〇〇県の〇〇に問い合わせてください」でもいいです。いざ子供がそうなったときに駆け込める心構えくらいはさせてくれないでしょうか?

“新型” というくらいですから、まだ未解明すぎて情報が出せないのもわかります。ただ、あまりにも今回の新型コロナウィルスと子供の関連性が不明すぎて、親としては不安にならざるを得ません。……って、私が心配し過ぎなのでしょうか?

現段階で判明している情報だけでもいいですし、こんな受け入れ施設を設ける予定、でも結構です。とにかく、新型コロナウィルスと子供に関連する情報だけは1日でも1秒でも早く開示、明示してくれることを願ってやみません。一児の父からは以上です。

参照元:毎日新聞
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

粗い人物画像をAIで高画質化する「Remini」でいろいろ試してみた! 処理に時間はかかるけど楽しめるぞ

ここのところネット上で急速に話題になっているアプリがある。それは、AIでぼやけた画像をキレイに補正するフォトエンハンサー「Remini」だ。加工画像がSNSで続々と投稿されて注目を集めている。

実際に使ってみてその出来栄えを確かめてみたところ、美男美女ほど美しく仕上がる感じがするのだが、気のせいだろうか?

・トライアルで1日3枚

このアプリは基本無料で使用することができる。iOS・Android版、それぞれリリースされているのだが、本稿ではiOS版でその使用感についてお伝えしたいと思う。

まずは、アプリをダウンロードして端末にインストール。そして起動すると、最初にサインイン(Sign in)を求められる。トライアル(Trial)でも使用可能だが、トライアルの場合は1日3枚しか画像加工できないため、その点に注意して欲しい。

カンタンなチュートリアルの後に、写真へのアクセスを求められるので、これを許可する。

その後、加工に使用する写真を選択する。できるだけ、人物が正面を向いている写真を選んだ方が良さそうだ。複数の人数でも加工可能なようだが、まずは1人のモノを選び、使い勝手を確認するといいだろう。

・処理時間が……

1枚写真を選んだら、トリミングなどして写真を調整しよう。最後に「完成」をタップして……

処理が始まる。

ただし、ここからが長い…………

私(佐藤)が利用したタイミングで、2万件以上の処理の順番待ちをしており、約31時間という数字が出ていた。これは諦めるしかないか……。

写真はずっと処理中のまま。1日以上かかるなあ。明日にでも終わっていればいいか。

と、投げやりな気持ちでアプリを確認してみると、処理が終わっていた! まさかその日のうちに処理が終わると思っていなかったので、正確な時間を確認していないが、この時の処理は4~5時間。のちに別の写真を加工してみたところ、2~3時間で終わったから、タイミングによって時間が変化しそうである。

・驚異の画像補正

さて、実際に処理が完了した加工画像と、元の画像を見比べてみよう。

パッと見たところ、あまり変わりない感じ。だが、拡大してよ~く見てみると、加工後の画像の方がキレイだ。私がソフトバンク犬に扮した画像は、額の「SOFT」の文字が鮮明になっていることがわかる。

複数の人物が写ってる画像も可能とのことなので、私がドコモのiPhone6行列で1番になった(2014年9月)記念すべき画像で挑んでみた。

処理にはやはり3時間程度要したが、無事に加工は完了。全体像のBefore・Afterを見比べてみると、あまり変わったようには見えない。

だが!

顔面青塗の私を除き、ほかの3人がスゴイことになった!!

渡辺謙さんのBefore・After

堀北真希さんのBefore・After

ドコモ加藤前社長のBefore・After

どうやら、はっきりとした顔立ちの人ほど、しっかり補正されるようだ。ちなみに、この時の私の顔も一応補正されてはいる。

青塗の私の顔をキレイに補正されたと見るのは微妙なところだが……。できるだけ顔の陰影が際立つ画像を使った方が、補正効果を確認しやすいのではないだろうか。処理には時間がかかるが、楽しめるアプリなので試してみて欲しい。

参照元:Remini(iOSAndroid
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
ScreenShot:Remini (iOS)


Source: ロケットニュース24

働く主婦に聞いた!「男性の育休取得義務化」どう思う?

小泉進次郎環境相が日本の現役閣僚では初めて育児休暇を取得して話題になっています。しかし、男性の育児休業取得率は女性に比べてまだまだ低く、政府内では「男性の育休取得義務化」に向けた提言も出てきています。

こうした動きを、働く主婦はどのように捉えているのでしょうか。「しゅふJOB総研」が働く主婦に行った『男性の育休取得義務化』のアンケート結果をお伝えします。

8割強が「主に収入を支えるのは夫」。男性育休のネックは経済的不安?

ビジネスマン

Kazpon / PIXTA(ピクスタ)

働く主婦に対して行ったアンケートの有効回答数は715件。このうち、86.9%が「家庭の収入を主に支えているのは配偶者またはパートナー」と回答しました。

男性の育休が「取得しにくい」理由の1つとしてよく言われるのが、「収入面の不安」です。大黒柱の夫が育休で仕事を休むと、その間の収入が減ってしまいます。また、休業することで会社での立場や、出世への影響がないのかも気になります。

フリーコメントでは、
・育休をとって会社復帰後、前のように働けるの?(40代:今は働いていない)
・育休をとることで、復帰した時に降格とかしたり、これ以上給料が減るのは困る(40代:パート/アルバイト)
・出勤してる時と変わらない収入保証があって、ちゃんと家事育児を率先してやる人だったらアリだと思う(40代:パート/アルバイト)
・妻としては取得して欲しい反面、会社生活で影響が出るのではないかという不安もある(40代:今は働いていない)

という声も寄せられました。

「男性の育休取得の義務化」肯定派が過半数

「男性の育児休業取得を義務化すべき?」という質問では、「思う」が21.3%、「どちらかというと思う」が31.0%、「どちらかというと思わない」が17.1%、「思わない」が10.6%、「どちらとも言えない」が20.0%で、義務化に肯定派が否定派を若干上回る結果になりました。

 

回答者の年代別にみると、年代が下がるほど肯定的な人が多くなっています。若い年代ほど子どもが幼く、育児に手がかかるため、男性の育休取得を必要としているのかもしれません。

 

また、家庭の収入の主な支え手が「自分」と回答した層は、そうでない人に比べて肯定派が多くなりました。

肯定派、否定派の胸の内とは?

イクメン

kou / PIXTA(ピクスタ)

フリーコメントから「男性育休取得の義務化」に対する肯定派と否定派の両方の思いを見てみましょう。

肯定派

・義務化をしない限り、世の中全般の育児に対するスタンスが変わることはないと思う(40代:正社員)
・取りたくても取れない人も多く(うちの夫もそうでした)、その場合は国が介入しある程度法律にしないと難しいのかな、と(30代:派遣社員)
・男性も子育ての大変さを知るべきだと思う。女性の産後鬱が軽減されるのではないかと思う(30代:パート/アルバイト)
・自分が取ることさえ、第二子目は言い出せず、退職した。男性もその苦しみを実感して欲しいと思う(50代:派遣社員)
・長期間は無理だが一週間程度を何回か等取得しやすい日数を取れれば良いと思う(50代:今は働いていない)

否定派

・義務化は必要ないと思うが、取りたい人が気持ちよく取れる社会になるといいと思う。
・必要に応じて単発で取れると良いとは思うが、それなら有休でも良いのかな、と思う(50代:パート/アルバイト)
・家庭も個人もそれぞれなので義務化はおかしい(50代:フリー/自営業)
・(子どもが)居ない家庭の人からみたら育休は会社を長期サボるための口実ネタ(50代:派遣社員)
・男性が育休を取得しても実際に家事育児をするとは限らない(40代:派遣社員)
・育休を取らなくても、子育てに参加できる時間があれは良いと思う(50代:パート/アルバイト)
・育休とったから育児してると勘違いしてほしくない。育児はそれから20年くらいかかるもの(30代:派遣社員)
・男性の育児より 育児を助けてもらえる制度をもっと増やした方がいい(30代:パート/アルバイト)

くつろぐ男性

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

「どちらとも言えない」を選んだ人の声

・義務化まではいかなくても、気持ちよく育休が取れる環境を整えて欲しいと思う(40代:パート/アルバイト)
・仕事の特殊性、内容によって取得可能なものとそうでないものがあるので、一律に義務化するのは無理がある(40代:フリー/自営業)
・義務化するのではなく、各家庭で話し合って自分達のスタイルを決め、職場はそれを認めていけばよい(50代:派遣社員)
・自分の子どもに対してどう育てたいかは個人の自由。男性、女性と分ける事が既に差別と思う(50代:派遣社員)
・キチンと育児をすればいいが、育児もせずただ休むだけで育休を取得している人もいる(40代:パート/アルバイト)
・私は4週間だけ夫が育休を取ってくれたが、あまり役に立たなかった。というより、負担が増えた(40代:今は働いていない)
・一年ほど取らないと意味はない(30代:派遣社員)
・そうでない人もいるとは思うが、基本的に男性は育児に関して他人事と感じる(50代:派遣社員)
・本心で子育てに関わりたい。とか、妻の負担を減らそうと思うのから良いと思う。義務や見栄だったらいらない(40代:パート/アルバイト)

家族

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

男性の育休取得で夫婦間の子育ての協力が進む一方で、「育児に関して夫に期待していない」「子どもがいない家庭とで不公平感がでる」などの意見も見られました。中には「男性も育休でキャリアが中断すれば平等になるのではないか?という思いがある(40代:公務員/団体職員)」など、ドキッとする意見も…。

女性たちの「怒り」とも受け取られる声も散見され、仕事と育児の両立の難しさを感じます。誰もが働きやすく子育てしやすい環境をどのようにつくっていくのか、これからも取り組みが進んでいくことでしょう。

【参考】
働く主婦は、男性の育休義務化をどう思っているのか?「義務化すべき」52.3%「義務化すべきと思わない」27.7% 

Source: 日刊住まい

バス&寝室の非日常感がすごい!アジアンリゾートみたいな家

調布市にあるKさん夫妻の家は都内近郊の駅から徒歩数分。共働きなので駅近を優先した結果、敷地は約62平米と狭小になりました。この家はダイビング好きな夫妻の好みを取り入れて、しっとりとしたアジアンリゾートの空気を漂わせています。 キッチンはLDと緩やかにつながっていて一体感を保ちつつ、小さくても集中して作業がはかどる工夫が満載です。

今までで最も狭いけど いちばん快適なキッチン

「さほど広さは望まず、機能的かつ趣味を反映させた家を希望しました」と夫。

夫妻はスキューバダイビングが趣味で、何度も訪れているタイのリゾートホテルの雰囲気を家に思い描いたそうです。設計を依頼したのはMDS一級建築士事務所の森清敏と川村奈津子さんです。

「タイのホテルの写真を見せていただきイメージを共有しました。帰りたいと思える家であること、緩やかにつながる内部空間、などの要望も伺いました」(森さん)。
そこから導き出された形は、奥から手前に徐々に小さくなる家型を連ねた外観の2階建て。内部の意匠にも家型をそのまま反映させています。子どもが描くような家型の仕切りは、海辺のコテージを連想させるようです。また床には段差をつけたことで小さな空間の中に多様な風景が展開し、豊かな表情を与えています。
メインの生活空間は2階。ダイニングとキッチンはひとつながりの空間で、複数の家型で緩やかに仕切られ空間の奥行きを感じさせます。

外に見せてもOK ! のオープン収納で作業が快適

キッチンは人が立つと窮屈さを感じるくらい小さな空間ですが、間口をフル活用して壁には上下段のオープン棚もつけるなど、使い勝手のいい工夫がいっぱいです。鍋やフライパンの類は、正面の壁を活用した3段の造作棚に収納。「オープンな収納を望んでいました。サッと取り出しやすく、片付けもラク」と妻も満足しているよう。
縦長のスリット窓からは風景が眺められるので外の気配を感じ、また外からは窓から内部の気配が感じられ暮らしの温かさが伝わってくるようです。

ワークトップはL字型にして広さを確保しました。何かと汚れがちな加熱機器回りを、ダイニングから視界に入らない側面に配しています。ワークトップのコーナー部に、家電などモノを置きやすいのもL字型のメリットですね。

「体の向きを変えるだけで移動が少なく、さらにテーブル背後のカウンターの活用で、皿の受け渡しもラクです。今まで住んだ家で最も狭いキッチンですが(笑)、使い心地は格別です」と妻。

レンジフードはオリジナルで製作し、ここでも家型デザインをモチーフに。家の中に家がいくつ ? などと数えるのも楽しそう !

冷蔵庫も家型ボ ックスにすっぽりと覆われ、生活感を抑えるのに成功しました。

ワイングラスの収納棚も冷蔵庫の裏側を活用した家型デザインです。 内部に仕込んだ照明が、バーのような大人っぽい雰囲気を醸し出しています。

キッチンとダイニングの間に設置したカウンターの下部を食器棚に活用しました。「調理中にも取り出しやすい位置で助かって います」。

アジアンフードはK家の人気メニューです。この日のランチは、野菜たっぷりのタイ風カレーとサラダ、ローストしたカボチャとヘルシーなメニューです。

ダイニングには、窓際に造り付けベンチを設置。横に手を伸ばせばワイングラスがすぐ取り出せる工夫で、ゲストのもてなしにもぴったりです。

豊かな素材使いで 非日常の雰囲気を

リビングは床と同じウォールナットのフローリング材を壁や天井に張った意外性のあるデザイン。印象的な空間に仕上がりました。特に天井は張るのに手間がかかり、面も広いため、職人さん泣かせだったとか。

しかし仕上がりを見ると、切妻状の天井部の収まりなどは思わず見入ってしまうほどの精緻さ。「天井の美しさを重視して、照明はダウンライトなどをつけず、必要最小限としました。夜は自然に眠くなり、朝は自然に目が覚めるんですよ」

ソファ側から見たリビングルームです。正面の造作TVボードはベンチ兼用。中に客用の寝具などが収められています。写真の右側は、建物とのすき間を活用したテラスになっています。プライバシーを確保しつつ、採光や外の気配を取り込んでいます。

自然石の質感がリゾート感をプラス

ふたり暮らしだからこそできる平面構成、それもK邸の持ち味です。特に反映されているのが、寝室と水回り、クロゼットをワンフロアでまとめた1階です。バスルーム正面の壁は外構などでよく目にする石貼りで、隣り合う寝室の端まで贅沢に施しています。非日常のテイストを取り入れてホテルライクなつくりと、ガラスの仕切りで視線が途切れることがないため、開放感とリラクゼーション効果を同時に味わえます。

浴室隣の寝室。室内の一部に自然の石を用いたいとの夫妻の希望をかなえました。自然石ならではの質感が独特の雰囲気を演出しています。バスル ームと寝室は一部スリット状のガラスで仕切り、双方をシースルーの仕上がりに。

ガラス壁でつながる寝室とバスルームです。「バスルーム側のガラスは透明感をキープするため、毎晩入浴後の拭き取り掃除をがんばっています」と夫。

洗面コーナーには奥行きの浅い棚板を設置し、コロンなどのボトル類の定位置にしました。木製のカウンターは内装の雰囲気にもよく馴染んでいます。

バスルームは、玄関ホールから続く廊下の突き当たり。家に入った瞬間、贅沢な石貼りの仕様が視界に入るのも魅力的ですね。
階段はスケルトンなので、2階からの自然光が階下にまで届きます。廊下の左側には大容量のウォークインクロゼットを造作しました。

屋根型の連なるデザインで、奥行き感を演出した外観です。限られた敷地のなかで、駐車場の確保と出入りしやすい玄関の配置などに腐心したそうです。念願をかなえ、南国のリゾートホテルライクな暮らしを手に入れたK夫妻の小さくて豊かな家を拝見しました。

撮影/川辺明伸
設計/MDS一級建築士事務所
プロデュース/ザ・ハウス
※情報は「住まいの設計2017年5-6月号」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

築50年の築古マンションのメンテナンス費用は5年で約650万円だった!

ヴィンテージマンションは人気物件のひとつですが、快適に住み続けるには築古ならではのメンテナンスが不可欠です。

東京・世田谷で大家をしているアサクラさんは、50年前に祖父が建てたマンションの経営を引き継いでから5年あまり経過。この間にマンション設備のメンテナンスに費やした維持管理費について教えてもらいました。

2015年は細かいメンテナンス工事が中心

では、2015年から見ていきましょう。

2015年一覧ごらんのとおり、細々とした修理が中心です。とくに換気扇の修理が目立ちますが、これには理由があります。マンションを引き継いで最初の年だったため、各部屋に挨拶に行った際「何か困っていることはないか?」と聞くようにしていました。

そのときもっとも多かったのが、換気扇に対する不満の声。

古い換気扇

見にくい写真で申し訳ありませんが、うちの換気扇は50年前のマンション建築時に造り付けられたもので、それ以来ずっと稼働していました。決して悪い造りではないのですが、経年の劣化もあって換気の力がだいぶ弱まってしまっているものもありました。
中には「料理をしていたら(煙がきちんと換気されないため)火災報知器が鳴ってしまった」なんていう声も。

ということで、状態の悪い4部屋で換気扇を補修しました。

2016年は漏水と屋上防水の劣化で出費がかさむ

この年、修繕費がどかっと増えました。

2016年一覧

漏水事故が発生し、対応に追われました。
漏水元となった部屋の水まわりは、案の定、建てられた当時のままの仕様。浴室ドア周辺の防水加工が劣化し、水が階下に漏れたのでした。

劣化した防水

劣化してボロボロになった浴室の壁

運悪く、下の階はリノベーションしたばかりの部屋。壁には漏水の跡が残ってしまいました。

漏水の跡

漏水元の部屋では浴室の修理を、下の階の部屋では内装の復旧工事をおこない、出費のダブルパンチ。
…と思ったら、今度は屋上防水の劣化も判明。台風や雪の日に、最上階の一部の部屋に漏水していたことが分かりました。

天井裏の漏水跡

はがれた天井には漏水の跡が

このとき初めて気づいたのですが、うちのマンションはこの10年間、屋上防水のメンテナンスをかなり怠っていたのでした。

屋上防水工事

屋上の防水工事におよそ240万円かかりました。
不幸中の幸いだったのは、建物に致命的な影響が出る前だったことでしょう。併せて、雨ざらしになっていた廊下の防水工事もおこないました。

2017年は水道ポンプの交換が響いた

前年に引き続き、この年も水難が続きます。

2017年一覧

水道ポンプの故障です。

水道ポンプ

通常、水道ポンプは2台が対になって作動しており、どちらかが故障しても片方が動作し続けている間に補修や交換ができるという仕組みになっています。
ところが、うちのポンプは片方が故障しているにもかかわらず、故障を知らせる警報音がオフになったまま使われ続けていたのです。もし残ったポンプが故障してマンション中が断水になっていたらと思うとゾッとします。

150万円近い出費は痛いですが、仕方ないとしか言えません…。

同じ年には水道管が故障していることを考えると、水道まわりの劣化は明らか。漏水も含め、築古マンションは水道管をどう維持していくかがポイントだと分かってきました。

また、自転車の盗難事件が起きたのもこの年でした。

対策のため、目かくしの柵を作り、ダミーの防犯カメラを設置しました。そのほか、ご近所への騒音を配慮して屋外洗濯機を室内に移設したのもこの年。

何も知らずにマンションを引き継いだこともあってか、どれも初めての経験ばかりで、古いマンションってお金がかかるなと実感した1年でした。

2018年は共用部の配電盤を更新

昨年までで大きな山を越えたのか、2018年は比較的少ない出費で済みました。

2018年一覧

しかし、ヒューズが切れたことによる停電が起こったのがこの年。

ヒューズは一度切れてしまうと新規に交換する工事が必要になり、とにかく手間がかかります。このときの停電は冬の夜に起こったため、入居者さんには寒い夜に、灯りと暖房のない数時間を強いることになってしまいました。

二度と同じ事態を引き起こさないために、共用部の配電盤を更新し、ヒューズ式からブレーカースイッチ式に変更。

ブレーカースイッチ

交換工事の必要なヒューズとちがい、スイッチなら戻すだけで復旧が可能です。電気・水道・ガスは生活に直結するだけに、しっかりとメンテナンスしなければいけませんね。

2019年も細かい出費は続く

この年も大きなトラブルはなかったものの、細かい出費が続きます。

2019年一覧

「屋上の脱気筒」というのは聞きなれない言葉ではないでしょうか。
これは2016年の屋上防水の際に敷いたシート防水と、既存の躯体の間に湿気が溜まってしまっていためにおこなった工事です。文字通り空気を抜くための「脱気筒」を数か所立て、ここから湿気を逃がします。

屋上に設置した脱気筒

そのほか、これまで2年に一回だった受水槽の点検と清掃を毎年に変更しました。

受水槽の清掃

うちのサイズだと法令上は2年に一度で問題ないのですが、水は口に入るものですからきちんとメンテナンスしたいという思いから毎年に変更しました。

5年間で600万円を超えるメンテナンス

以上を合計すると、5年間でなんと「6,430,094円」もの金額をメンテナンスに費やしたことになります。

5年間の合計

ご注意いただきたいのは、この中には「空室発生時のリノベーション費用」や「足場を組んでの外壁修繕の費用」は入っていないという点。いわば「メインどころ」を抜いた上での「その他のメンテナンス費用」です。

築古マンションの維持管理にはいかに手間とお金がかかるかが、お分かりいただけたのではないでしょうか。2020年は大きな出費がないことを祈ります。

Source: 日刊住まい

【春を先取り】1人で新宿御苑に「桜を見る会」しに行ってきた!

わたくし(佐藤)思いますに、今年はお花見にある異変が起きるのではないだろうか? 今年はきっとみんな「お花見」とは言わずに、「桜を見る会」、そのように呼ぶ気がしている。まあ、呼び方はどうあれ、春の訪れが待ち遠しい訳だが……。

桜の見ごろはおおむね4月。あと2カ月先まで待てない! ということで、私は1人で新宿御苑に「桜を見る会」しに行ってみた!!

続きを読む

床暖房のメリット&デメリットを種類別に解説。あなたに向くのは?

「冬になると家の中が寒くて辛い」…そんな暮らしを快適にする方法の一つとして、じんわりと足元から温めてくれる床暖房があります。リノベーション会社EcoDecoが運営するサイト「大人のリノベ」担当者に、その良さや気になるコストなどについて教えてもらいました。

快適さを実感すると手放せない

S邸リビング

リノベーションされた深沢のSさんは、物件探しの段階から「床暖房を導入できるマンション」を希望されていました

暖房器具としてエアコンの次に思い浮かぶのが、床暖房。リノベの打ち合わせの際にも、床暖房を導入したいという方が一定数います。きっかけはそれぞれですが、実際に導入した方は「現在の賃貸住宅に床暖房があり、新居でもぜひ導入したい」という方や、「友人宅で床暖房がいいと感じた」という「実感したから」という方が多いのです。

床暖房は施工費が高め(詳しくは後半でお伝えします)なので、当初希望していても、結局施工を断念されるケースも少なくありません。それでも床暖房を導入した方からは、やはり「設置してよかった」と言われます。私たちが関わるのは、築30〜50年程度の中古マンションが多く、断熱が施されていない場合も多いので、体感として差を感じやすいのでしょうね。

床暖房はどうやって温める?

床暖房はどのような仕組みで部屋を温めるのかというと、床下に専用のマットを設置して床を温め、さらに空気を温めるという形式で、これを輻射熱(ふくしゃねつ)といいます。輻射熱は、温度の高いところから低いところへ広がっていく性質があるので、温風でなくてもお部屋全体を温めてくれます。

暖かさを感じるまでには少し時間がかかりますが、空気を温めるのではなく、壁・床・天井そのものを温めるため、一度温まると心地いい室温が保たれる良さがあります。オイルヒーターも同じく輻射熱で温めるので、じんわりとお部屋全体が温まります。

温風式の場合にネックになる、「温風が直接当たるのがいや」「乾燥が気になる」「部屋の隅々まで温まらない」という問題が、床暖房だと解消される良さがあります。

どんな人に向いている?

リビングの床

では、床暖房はどういう方に向いているのでしょうか。

温風や乾燥が苦手な方

エアコンやファンヒーターの温風が苦手という方、直接風が当たるのが苦手な方。

部屋が広い(容積が大きい)方

温風式に比べて、部屋のどこにいても暖かさを感じられます。

在宅時間が長い方

立ち上がりの遅さはありますが、一度温まると冷めにくい特長があるためです。

住まいを快適にするために、リノベ会社ができること

床

気になるコストは?

良いことばかりのような床暖房ですが、問題は「施工費が高い」ということ。方式にもよりますが、ヒートポンプ方式で4.5畳程度に施工した場合、40万円程度が目安です。

ただ、コスト以上に「住まいが快適であること」はとても大切だと思います。特に、大人世代の方は、身軽に動ける今のうちに温熱環境を整えることをお勧めします。

身体機能が低下した場合の住宅を考えておく

「動けるうちにやっておく」

このことは、2019年3月に国土交通省が定めた「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」でも提唱されていて、「アクティブに動けるうちに、住環境を整えましょう」というのが国の考えとなっているのです。

高齢期といわれると遠い未来のことで、あまり自分ごととして捉えられないかもしれませんが、例えば30〜40代の方は親御さんを思い浮かべてみてください。まだまだ動けるけれど、70代になってから住まいを変えることは色々と負担になるかも…と思いませんか?

あとどれくらいこのまま住み続けるかわからないし…とも思われるかもしれませんが、内閣府の集計によると、高齢になって身体機能が低下した場合でも現在の住まいに居住したいと考える方は65%に及びます。高齢になる程、動くことが心理的にも身体的にも負担になりますので、まずはご自宅の温熱環境を整えていくことを優先的に考えてみましょう。

内閣府の調査結果

 

住みながら工事ができる?

答えは、「YES」。ただし、おすすめではありません。今あるフローリングの上に施工するのか、フローリングを新しくして施工するのか、施工範囲はどうなのか…その他さまざまな条件が絡むので、絶対ではありませんが、いずれも工事期間は1週間以内が目安です。工事業者に相談しながら進めましょう。

床暖房は何を選んだらいい?

床暖房には大きく分けて3つの方法があり、それぞれ特徴があります。
表にまとめましたので、比較してみましょう。

▼床暖房の特徴比較

方式 向いている住まい 長所 短所
電気式

(ヒーター)

電気を流すと発熱するヒーターパネルで床を暖める。

オール電化や太陽光発電を完備した住まいに向いている。

使用時間が限られている方。

床暖房給湯器や室外機を設置できない状況の方。

・省スペース

・使用時間が短い

・後から簡易に設置できる

(オール電化や太陽光発電などを完備した住まい以外では)ランニングコストが高い

使用時間によっては他の形式と同程度となる

温水式

(ガス)

ガス給湯器でお湯を沸かし、床暖マット内のチューブに温水を循環させて部屋を温める。

床暖房専用の熱源器(お湯をつくる)が必要ですが、お風呂給湯器などと一体となっているタイプもあるので、設置スペースがあまりとれない家に向いている。

・暖めるパワーが強い

・床暖チューブ内「不凍液」は10年で交換(メーカー推奨)の費用がかかる

・電気式に比べると立ち上がりが遅い

・給湯器と床暖房熱源器一体型でない場合は、床暖房専用の熱源器が必要になるので設置場所などが必要になる

電気温水式

(ヒートポンプ)

空気の熱を利用して、少しの電気でお湯をつくり床暖マットを暖める。

ヒートポンプユニット(室外機)を置くスペースがある方。エコキュート利用や割安深夜電力を使用できる方などにお勧め。

・ランニングコストが安い

・初期導入の費用は他に比べるとやや高め

・床暖房ユニット(熱源器)と室外機が必要になるので、十分な設置スペースが必要

・床暖チューブ内「不凍液」は10年で交換(メーカー推奨)の費用がかかる

それぞれ一長一短があり、さらにご自宅の状況で設置ができる設備も変わってきますので、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。住まいに目を向けるきっかけになれば幸いです。

大人のリノベ
高齢期の健康で快適な暮らしのための 住まいの改修ガイドライン

Source: 日刊住まい

タリーズの1店舗限定ドリンクがマジで最高! 全国で売る予定はないのか聞いてみた / ストロベリールビーチョコレートスムージー

そのドリンクは、「ストロベリールビーチョコレートスムージー」という。トールサイズのみの展開で、ホイップ無しなら630円。ホイップありなら690円となる。いかにもタリーズにありそうなドリンクだが、実はこれを買えるのは全国で1店舗のみ。ルミネエスト新宿店だけなのだ(2020年2月13日時点)。

幸いにも、私の職場は新宿近辺。「ちょっと味見してみるか」と思いついたときに立ち寄れる距離感なので、実物を飲んでみたところ……逆に考え混んでしまった。なぜこれを全国で売らないのだろうか? と。

美味いかマズいかなんて結局は主観的なものだが、このドリンクは確実に美味いヤツ──と私は思う。甘さが強すぎることはなく、いちごの酸味が強すぎることもなく、チョコレートが強すぎることもない。すべてのバランスがちょうどいい。

だから気に入る人は大勢いるはず……なのになぜ! 1店舗限定なのか? なぜ、ルミネエスト店だけなのか? その疑問をタリーズの中の人に直接ぶつけたところ……

「ルミネ様のご担当の方からリクエストをいただき、偶然に生まれたドリンクです。今回は試験的に販売しております。

ご担当の方がタリーズの「チョコリスタ」というシェイクを気に入ってくださっていて、何かこの店舗限定のものをということで検討していたのですが、ルミネにお越しのお客様はイチゴ好きが多いということをヒントに、ルビーチョコレートもブームですし、今回のドリンクを考案しました」

……ざっくりまとめると、ルミネ側からリクエストがあったこと、加えて客層にイチゴ好きが多いという理由から、ルミネエスト店で試験販売しているようだ。

それにしても、テナント側の担当者の好みで店舗限定メニューが決まることってあるんだな……と1つ勉強になったところで、なにより気になるのは「全国で発売される予定はあるのか?」ってことだろう。

そこのところも聞いてみたぞ。回答はこうだ。

「現時点での予定はございませんが、今後の売れ行きを見て、検討させていただく可能性はございます

──全国展開の可能性はゼロじゃない! これはもう期待して待っていい……のではないだろうか?

 

「それはポジティブすぎる」と思う人もいるだろうが、実際に飲んだ私は願ってやまない。数カ月後か数年後、本記事を読んでくれた人が「店舗限定なんて懐かしいな。今はどこでも飲めるのに(笑)」と思う状況になることを。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 タリーズコーヒー ルミネエスト新宿店
住所 東京都新宿区新宿3丁目38−1 ルミネエスト5F
時間 平日11:00~21:30 / 土・日・祝日 10:30~21:30

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24